タオル豆知識・その他

今治がタオル産地として発展した理由は?

2018.12.10

タオルといえば「愛媛県今治市」

皆様にそう言っていただけるくらいに、「今治タオル」の認知は日々高まっています。でも、なぜ今治がタオル産地として大きく発展したのでしょうか?

それは、降雨が少なく、晴れた日が多く、かつ、水に恵まれた土地は、今治の繊維産業が発展した理由です。その中でも一番の大きな理由は、今治市内を流れる川の伏流水や霊峰石鎚山より流れ出た地下水など、極めて不純物の少ない硬度成分の低い、タオル作りに適した良質の水が豊富にあることです。
この良質な天然の軟水を用いて晒(さら)しを行うことで、繊細でなやわらかな風合いになり、生地自体の発色・白度・柔らかさを十分に引き出した製品を作ることができるのです。

これだけの自然条件に恵まれた今治の地で、一番重要な役割を担ってきたのは、やはり【人】でした。オリムが今治を拠点とするのも、ここに信頼する人々がいるからです。一人ひとりがおこなってきた丁寧な仕事が、いつしかタオル作りに欠かせないノウハウとなり、今もなお、この地を日本最大規模のタオル産地にしているのです。

・肌触りの良さ
・洗っても毛羽立ちにくい耐久性
・徹底した品質管理

ひと言では終わらないこだわりを感じて下さい。

実物を手にとった瞬間、そしてご自宅でくり返し使っていただくほどに、ORIMの魅力はあなたの中でさらに増していくはずです。